So-net無料ブログ作成
検索選択

ウルトラマンが3分しか戦えない理由 真剣に考えてみた [ネタ]

ウルトラマンは3分間という

極めて短い時間しか戦えません

なぜだろう3分たつと変身が解ける?

地球の環境がウルトラマンにとって害なのか?

いろいろ考えてみたが

どれも納得できない

あることに気が付いた

スぺシウム光線である

少し長くなるが説明してみる

まずはスぺシウム光線についてだが、

小学館の学年雑誌

怪獣図鑑には

「右腕にマイナス、

左腕にプラスのエネルギーが蓄えられて、

腕を十字に組むことによってスパークし、

光線が発射される」

と書かれている。

問題はプラスエネルギー、

マイナスエネルギー

が何かという事だが、

私達の身近にあって

エネルギーと結びついた

プラス・マイナスといえば、

電気である、

しかしスぺシウム光線の原理が電気なら、

接触した瞬間スパークは起きるものの

火花が前に飛んでいくことはなく、

焼け焦げたウルトラマンの皮膚

筋肉が四方八方に飛び散るだけで

怪獣には何の影響もありません。

次の説ですが、

『ウルトラ怪獣大図解 大伴昌司の世界』の

ウルトラマン内部図解には

両手の肘と手首の間に

「スぺシウムマイナスエネルギー袋」と

「スぺシウムプラスエネルギー袋」

が描かれています。

袋に入っている以上は物質でしょうが、

プラスの物質、

マイナスの物質とは何でしょうか?

陽子や電子など、

電気をもった素粒子には、

必ず対になる反粒子が存在し、

これらは質量は同じでも電気のプラス、

マイナスが逆になっています。

反粒子から成る物質が反物質です。

普通の物質と反物質が出合うと

莫大なエネルギーが放出されます。

2つのエネルギー袋にその2つがそれぞれ入っているとすれば、

両腕を合わせる事によって2つの物質が反応し、

莫大なエネルギーが発生するわけです。

しかし威力が度を超えています。

物質と反物質1gずつ、合計2gから発生するエネルギーは

180兆Jにも及び、

これは広島に落とされた原爆の2.4倍もの破壊力です。

怪獣どころか、都市が1つ跡形もなくなくなってしまいます。

そもそもそれ以前に、

物質、反物質のそれぞれが

ウルトラマンの体と反応して自爆してしまいます。

ではどのような原理なら、

こうした光線が実現できるのでしょうか?

破壊力を持つ光線と言えば

レーザーしか考えられませんが、

レーザーは焼き切ったり

穴を開けたりは出来ても

標的が体内に燃料や爆薬でも持っていない限り、

爆発することはできません。

また、スぺシウム光線は連続した光ではなく、

切れ切れの光の集まりとして描写されています。

これは、大きなエネルギーを持つ陽子や

ヘリウム原子核を空気中で飛ばした際に見られる現象です。

空気にこれらの粒子が衝突すると、

電子が弾き飛ばされ、元の軌道に戻るときに光を放ち、

光を出すとエネルギーを失い、

輝きが消えるというわけです。

自然界だとオーロラがこれに当たります。

スぺシウム光線では、

より高いエネルギーを持った粒子が次々に空気に衝突していると考えれば、

弾き飛ばされた空気は

移動しながら明滅することにより、

切れ切れの光の束になる事も納得がいきます。

これらを統合して得られる結論はただ1つ、

スぺシウム光線は実は光線ではなかったという事です。

怪獣の体を作る原子に

高速粒子「スぺシウム」が衝突して核融合や核分裂を引き起こし、

そのエネルギーで爆発していると考えれば、

全ての疑問に説明がつきます。

次にそのスぺシウムについてですが、

バルタン星人が嫌う火星にしかない物質です。

スぺシウムもナトリウムやカルシウムのように「イウム」という

語尾が付いていることから元素だという可能性が高いです。

しかし元素の種類は、

原子核に含まれる陽子の数によって決まっており、

自然界に存在するのは陽子数1個の水素から陽子数92個のウランまでの92種類しかなく、

その中にスぺシウムは含まれていません。

これより陽子数の多い元素も、核反応の過程で生まれたり、

現存する原子核同士の衝突によって

人工的に作られたりしており、

今のところ陽子数118個の物まで見つかっています。

よってスぺシウムが未知の元素だとするならば、

陽子数119以上の極めて重い元素だという事になります。

この点が極めて重要で、

重い元素というのは一般的に寿命が短いのです。

あまりにもたくさんの陽子と中性子が集まりすぎて不安定なため、

勝手に分裂してしまうのです。

1つの元素の中にもいろいろ種類がありますが、

陽子数100のフェルミウムには30分、

陽子数103のローレンシウムには22秒で分裂する種類もあります。

原子核が分裂すると放射線が発生し、

当然スぺシウムを長く体内に入れておくのは危険です。

だからウルトラマンは3分間しか戦えないわけです。

ちなみにウルトラマンが走ると

走った場所が砂漠になるそうです。

これじゃあヒーローより破壊神のほうがお似合いですね。

長文読んでくださりありがとうございます




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。